忍者ブログ

アニメとかオーディオとかゲームとか声優とか、なんでもござれの雑記ブログ。
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

12.16.23:37

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/16/23:37

07.11.01:28

超雑記

ほいほい。雨季カビ之介です。いま「かにのすけ」って打ってました。誰だよ。

タイトルは雑記、カテゴリはヘッドホン。ヘッドホンに関する雑記をざっくざっくとまとめておきます。そのうち中のどれかに関してはちゃんと記事書くかも。

最近はあまりイヤホンヘッドホンの話をしていないのですが、まぁあまり食指は動いていないのです。現状に結構満足しているということもあって。
というか、結局そろそろ再生機器とかの方を拡張していかないと、今以上のヘッドホンやイヤホンを手に入れても鳴らし切れないだろうという判断です。
そんなわけで、とりあえずDAC付きのヘッドホンアンプが欲しい今日このごろ。

さて、そんなこんなで最近は実は買ってこそいないけれど、色々調べまわってはいます。
また、最近は暑くなってきましたし、ひとつイヤホンは増やしてもいいかなーと思うものの、所謂SHUREやゼンハイザーのIE80あたりの価格帯を買うのはなんだかなぁという感じで、色々と悩むところもあり。
無名、、、というか最近出始めた海外の、国内ではまだまだ名の知れていないブランドのやつを購入してみたくなります。これが結構侮れない、海外ブランドの5000円まわりくらいのやつにはおっそろしい名機が紛れ込んでる事があります。
で、イヤホンなんかを海外アマゾンとかで見ていると、最近は圧倒的にSHURE掛け、いわゆるイヤモニの形が増えてますね。びっくりしました。
個人的には今はまだSHURE掛けものは持ってないのですが、現在のイヤホンが、中間で延長コードを使っていて、その部分がゴツいがためにかなりタッチノイズがひどいので、SHURE掛けがかなり気になっているという現状はあります。うーむ。
気になるブランドはいくつかありますが、レビューなんかをみていると、BRAINWAVZさんとかかなり気になってます。
というか何が驚いたって、まぁSHURE掛けはいいとして、ハードのキャリーバッグとかコンプライ、バイフランジのイヤーピースとか、もう付属品がめちゃくちゃ豪華。それでいて5000円でお釣りとか返ってくる価格ですもん。いやー・・・・。
もちろんイヤホンがイマイチなんじゃ・・・?とか思いますけど、こんだけ付属品かっちりつけてるのに本体はスッカスカってことはないんじゃないのかなーとか、思います。思いたいですよね。
ここのブランドでは買うならせっかくなら一番高いやつでもいいかなーとか考えてます。(一番高いっていってもたかが知れてますしね。)
楽天やアマゾンとかには、日本で並行輸入してる出品者さんいますしねー。悩むような値段じゃないといわれるとそこまでなんですけどね。うん。
BRAINWAVZはイヤホンもそうだけど、ヘッドホンスタンドが気になる。
オシャレかつ、安い。
日本だとオーテクのやつが一番手っ取り早く安いやつなのかなと思うけど、あれも確か3000円以上すると思ったし。それよりも安いしなぁ・・・。うーん、海外は進んでる、と見るべきなのか・・・。

なんにせよ一番は買って自分の耳で、自分の目で確かめることなんだよなー・・・あーお金と時間が欲しいわ・・・。

拍手

PR

02.13.00:01

棚からぼたもち。

ブログめっちゃノリノリで書いてる時に限って何かを間違えてブラウザを閉じてしまいます。
雨季カビ之介です。花粉症と風邪のダブルパンチで辛い毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

色んな御縁があるなぁと最近本当に思うのですが、やっぱりそういう縁ってのは待ってても来ないんだなというのが結論です。
うらやましがる暇があるならば、やはり自分も行動すべきなのです。手を伸ばさなければ何もつかめない。
しかし、メールで人違いをしてしまったのはあまりに恥ずかしいので、本当に、本当に、気をつけます。はい。
こういうとき名刺とかってあると便利なのにな。ほんとな。くそぅ。

さて、そんな縁のひとつ、というわけでもないのですが、まぁ色んな御縁があって、またひとつ、新しい子が私の元に来てくれました☆・:゚*ヾ(o´∀`o)ノ*゚:・☆
dac5d72b.jpg
DENON AH-D600!
Music Maniacシリーズの上から2番目ですね。
個人的には、生産完了した前のクラシックシリーズのD5000は好みの音で、ウッドベースなんかの鳴りがすごい好きだったんですけども。低音の暖かさが。
今回のMusicManiacシリーズは、全体的にすこーしドンシャリめになったかなぁと感じました。
前のD5000なんかはとにかく音場が広くて、クラシック鳴らしたり、もしくはモニター的な用途としては最高クラスのパフォーマンスをしてくれたと思います。
今回のシリーズに関しては、音自体はやはり低音は暖かめでDENONらしさを残しつつも、どちらかといえばVo音域は近めで、ポップスとか、ロックとかを「楽しく聴く」というところに焦点を当てているのかなーとか。
ハウジングの形からしても、D5000程には音場が広いという感じはしないですね。
ケーブルもiPhone用があったり、インピーダンスの低さからも、ポータブル用途も想定してるし。

今一番聴いてて楽しいのは、ピアノジャズです。
それもトリオの、アップテンポなやつ。
ドラムとベースの躍動感はきっちり描き分けながら、ピアノは近めでダイナミック、上のシンバルもチャキっと鳴らす!
いいですねぇ~楽しいです!
まだまだ鳴らしはじめなので、これから更に音が馴染んでいくと思うと、いやーおらわくわくしてきたぞー!

デノンのCDPにアンプに、D600でジャズ。個人的にはもう贅沢すぎますね。たのし。


そういえばSpeeeeed!!のマブくんが、ミニ‐ミニのラインケーブルをつくってくれました!
c0ab30d3.jpeg
たのしいポタアン生活!(やべぇ肝心のケーブルがうまく写ってねぇ・・・)
あ、ポタアンも、これ一応自作でございますよ。作った記事載せようと思って載せてないウェー・・・。

個人的にはもう一台、今度は改造含め作ってみたいとか考えてまして。次の時はぜひ材料集めからうpしていきたいと思います( ー`дー´)

拍手

02.01.01:49

プレーヤー内蔵ヘッドホン

ブログの検索ワードを見てたらなんか面白いものでひっかかってたので、すこしだけ。

「ヘッドホン プレーヤー 内蔵 何故ない」
ということで。

えーと、実はありますよという。珍しいんですけどね。
ちなみに出してるのはアメリカ、SkullCandy。AGENTというシリーズです。
(追記:AGENTでも、初期にでたモデルと後出モデルではものが違うようです。最初に出たものはケーブルがついておらず、SDカードを入れる位置からしてもプレーヤー内蔵だと思われますが、ケーブルがついてるやつはただのヘッドホンっぽいかんじがします。要検証ですが、情報が出回ってないからなぁ・・・!)
今探したら公式から情報消えてるし、今アマゾンとか通販で出回ってるのは在庫のみなのかなー。
たしかSDカードかなんかを入れて再生出来るってやつで、でも普通のヘッドホンとしても使える的ないわゆる面白系だった覚えがあります。

このヘッドホンにプレーヤー機能を内蔵するって発想、結構前からよくきくんですけど、やっぱりそこ一緒にするってのはあまり求められてないのかな。
よくSONYがプレーヤーとイヤホン合体型のやつ出してますけども。あれどうなんだろう。

あと、専門メーカーではないですけど、ハウジングの部分にiPodをドッグできて、それで聴けるってやつ・・・もあった気がします。
もし気になる方がいらっしゃいましたら拍手なりなんなりしていただければ次までには調べておきます。
 


睡眠不足マラソン最終日です。あとすこし。がんばります。

拍手

01.15.00:42

海外の話。

成人の日だったそうで。
今日は天気が散々でしたねー!まさかあんなに雪が降るとは・・・。
バイトだったんですが、いやー暇で暇で。雪の降る中頑張って歩いている振袖のお嬢さんやスーツの男性方をみていて、いやー自分の成人式は晴れてて本当によかったなぁと思いました・・・。
なぜか成人式とセンター試験は天気の悪いイメージがありますね~。



さて、本日久々にヘッドホンの話をすこし。
というのは、何やらみなさん寒いせいなのか、イヤーマフのかわりなのか、ヘッドホン購入ブームが到来しているようです!
Twitter上で今年入ってから少なくとも3人に営業をしかけてますね!!
で、最近はちょっと海外メーカーのものとか、いわゆるオーディオ専門ではなく、ファッション系のヘッドホンをつくってるとこのものなんかをオススメしたりしてます。
音質にはこだわらないよと言ってくださった方には、せっかくなら凝ったデザインの海外メーカーものをつけたらファッション性も高くていいですしねー。(勿論、音質もある程度注視はしますが)

ということで、最近国内正規流通し始めたものも含め、少し一般的には知られていなさそうなブランドをご紹介していこうと思いますー。



・eskuche(エスクーチェ)
アメリカのヘッドホンブランド。ちょっと前までは、ヴィレッジヴァンガードなんかでプッシュされていたのですが、つい最近一般流通し始めたらしく、ヨドバシカメラさんみたいな量販店でも見かけることができます。
レトロだったりメタリックだったりで、ファッション性の高い、かつ主張し過ぎないクールなヘッドホンを多く作っています。Controlシリーズではカラー展開も豊富です。
ちなみに私は33iというモデルを所有。
どちらかと言えばファッションヘッドホンですし、音はあまり期待していなかったのですが、聴いてみるとめちゃめちゃ低音ブースト型でした。
バランスや解像度といったところを見てしまうと、ちょっと首をかしげてしまいますが、この見た目に惚れ、低音や、ロックが好き、ダンスミュージック好きの方には気に入っていただけるのではないでしょうか?

ちなみに今はほとんど流通してないControl初期モデル。このピンクの可愛さは絶大。


・iFrogz
アメリカのメーカーで、iPhoneやiPodのアクセサリーなんかも作っています。
ヘッドホンではMogulという奇抜なカラーリングのモデルが国内では有名でしょうか。
こちらも個人輸入でDJヘッドホンのSilverSpiderというモデルを所有しています。
特徴としては、こんなに奇抜なデザイン(褒め言葉)に反して堅実な音作り。
若干ドンシャリめですが、そんなに奇をてらったような音ではありません。
ヘッドバンドがゆるかったり全体的に大きめだったりしたのは計算外だったかなと・・・!アメリカ仕様ってことなのかな・・・。


・WeSC
こちらもオシャレトロヘッドホン担当。
WeSC自体は洋服を扱うブランドでもあるので、ヘッドホンもポップなデザインで、ごつくないハウジングのものが多く、女性にも人気ですね!
音も結構良いと聞きます。
こちらは今のところ1つも機種を持っていないのですが、いつでも可愛いデザインのものが出ているので、いつかふらっと買ってしまいそうな予感です・・・。

・ZUMREED
雑貨屋なんかに置いてあることも多いZUMREED。とりあえずポップさ、デザイン重視。
耐久性と音は二の次。というかんじですね・・・w
いや、それでもいいのです。
比較的リーズナブルな価格で買えることが特徴ですね。
あとカラー展開、モデル展開が多いので、ぜひお気にいりの1台を見つけてみてください!

・NIXON
NIXONというと時計のイメージの方が強いでしょうか、もちろんあのNIXONです。
時計のあのカラフル、シンプルさをそのままに、ヘッドホンも展開しています。
値段はファッションヘッドホンにはちょっとお高めから、3万超えの本格派まで・・・!
いつか最上位モデル聴いてみたいとはおもうのですが、今のところかなっておりません・・・。
ヴィレヴァン以外であまり見かけないんですけど、どこにあるんだろう。

・MixStyle
こちらも見たことがある人が多いんじゃないでしょうか。
ハウジングにババンと☆マーク!(たしかドクロマークとかもありますよね)
ヴィレヴァンでいつでも推されてますねw
ちょっとゴツめ、でも可愛いという感じで、学生さんなんかからも人気。
最近ではスタッズ付きのスクエア型もたしか出てて、これもデザイン、音共にそれなり。
(個人的には、密かに出している最高モデルのNovelってやつが気になってます・・・。)

・SkullCandy
もうこれはヘッドホンをちょっと調べたことがある人なら知っている、われらがスカキャン。
アメリカのブランドで、日本に入ってきたのはもう結構前でしょうか。
最初はスキーやスノボをしながら音楽を聴くためのヘッドホン、というスタンスでゴツめ、耐久性重視のヘッドホンを展開していた覚えがあります。(うろ覚えで違ったらすみません)
Mp3プレーヤー内蔵型ヘッドホンなど、当時では他に類をみない製品を作って前衛的な存在だったなと思います。
音は元気なドンシャリものが多いかなと感じます。
最近では他のブランドやメーカー、レーベルなんかともコラボして製品展開していて、こちらも新製品から目を離せないブランドですね。

・Reloop
ドイツの、ヘッドホンというよりかはDJ機器のブランド、Reloop。
こちらもつい最近国内流通し始めましたね。
現在はRHP5、10、20と3モデルが展開されてます。
私はRHP-10を所有。
イヤパッドの色が黒や白以外というのは意外と珍しいですね。それも10だと形違いで2種類ついてたりとか。
音質は低音寄りで暖かみのある音。ベースの動きが際立つかんじ。


と、今回はこんなかんじで。ざっくりですが。
他にもいろいろブランドあったと思ったんですけど、いざ書こうとすると忘れてしまうという・・・(汗
国内のヘッドホンメーカー競争はどんどん加熱する中、eskucheやReloopの国内一般流通扱いが始まるなど、デザイン重視のものが海外から黒船の如く攻め入っているなーという感じがします。
量販店の売り場もどんどん広くなっていって、昔にくらべて凄くカラフルになっています。
あのカラフルさで女性の方や学生の方、今までヘッドホンに興味を持たない方も近寄りやすくなっているんじゃないかなーと思います。いいぞ、もっとひろがれヘッドホンの輪~。

時に、たとえば外出用のものならば、音だけにこだわらなくてもいいんじゃないか、そんなふうに思えるようになってしまい、デザイン重視でまるで服のようにヘッドホンを買ってしまってる自分がいるので・・・それはそれであぶないw

拍手

01.03.00:36

海を越えてはるばると。

珍しい2日連続更新!(白目

さて、年もあけまして、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はといいますと、結構がっつり体調を崩していたりします。これいわゆる風邪ってやつじゃないすかね。
Twitterを見てると、コミケ2日目に雨に降られた組の方々がやっぱり高確率で体調を崩されているようで・・・。
夏の雨も豪雨だったりするから大変ですけど、冬の雨は冷たいですからねー・・・。
ほんと、天気だけはどうしようもないですしね、困ったもんです。

さてさて、前の記事で、Q701を円高が終わる前に個人輸入した、という事を書いたのですが、実は別口でもうひとつ最後に仕入れていました。

皆さんもご存知の方多いのではないでしょうか。
V-modacrossfade LP。カラーはRouge。
こちらCrossfade LPシリーズ自体は国内でも正規に流通しているのですが、どうやらカラバリが全部あるわけではないようです。
この前たまたま見かけたのですが、これはひと目で

Speeeeed!!のマブさんに似合うに違いない( ゚д゚)!!!!!!

と思いまして。
また、彼が秋のヘッドホン祭りでVmodaのヘッドホンを気に入っていたのは知っていたので、これどうですかとオススメしてみたところ、思った以上に食いついていただけました。
ただ海外輸入はちょっととのことだったので、代理で購入させていただいたわけです。
今調べたところ、アマゾンや各通販サイトで並行輸入で売っているものは13000円超えしてしまうみたいですが、今回は送料含めほぼ12000ぴったりで購入。最後の円高恩恵です。
ほんと、選挙後から急に円の価値ががっつり変わってきたので、本当に最後のチャンスだったなーと思います。

海外からの発送なので、届くのは年明けだよーということだったのですが、何の手違いか12月の29日にあっさり届いてしまいまして、マブさんにはコミケ会場で年内にお渡しすることができました!

実際使ってみても、中々に気に入っていただけているみたいで良かったですー!(*・∀・*)
なんと早速ブログ記事も書いていただきまして。(あぁ・・・私も・・・書きたいっちゃ書きたいんです・・・うちの子達の記事・・・・・)
こうやって音、見た目、その他フィット感等、全般的に気に入っていただけたというのが凄く嬉しいですね。
メーカーの回し者でもなんでもないんですが、正直、ヘッドホンへの興味とか価値とか、ヘッドホンで音楽を楽しむ事自体に共感してくれる人がここ最近、私の周りに増えてくれたことが本当に嬉しいです。勿論スピーカーもいいけど、こういう楽しみ方もあるんだよーっていう。

スマートフォンやDAPが一気に普及して、それに伴いイヤホン、ヘッドホンの需要もココ近年で一気に増えたと思っています。
そしてヘッドホンの可能性というものはまだまだあると思うんです。
音質を追い求める事も勿論ですが、ファッションや利便性としてもですね。Bluetoothとか。
今はまだ、iPodに付属しているイヤホンをつけている人を沢山見かけますが、願わくば、全てのリスナーに個性を、自分らしい音やデザイン、スタイルを追い求めて欲しいなぁと思います。


はー、改めて、2013年、また新しいヘッドホン達との素敵な出会いが沢山ありますように!!

拍手