忍者ブログ

アニメとかオーディオとかゲームとか声優とか、なんでもござれの雑記ブログ。
07 2018/08 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 09

08.15.21:51

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/15/21:51

02.13.00:01

棚からぼたもち。

ブログめっちゃノリノリで書いてる時に限って何かを間違えてブラウザを閉じてしまいます。
雨季カビ之介です。花粉症と風邪のダブルパンチで辛い毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

色んな御縁があるなぁと最近本当に思うのですが、やっぱりそういう縁ってのは待ってても来ないんだなというのが結論です。
うらやましがる暇があるならば、やはり自分も行動すべきなのです。手を伸ばさなければ何もつかめない。
しかし、メールで人違いをしてしまったのはあまりに恥ずかしいので、本当に、本当に、気をつけます。はい。
こういうとき名刺とかってあると便利なのにな。ほんとな。くそぅ。

さて、そんな縁のひとつ、というわけでもないのですが、まぁ色んな御縁があって、またひとつ、新しい子が私の元に来てくれました☆・:゚*ヾ(o´∀`o)ノ*゚:・☆
dac5d72b.jpg
DENON AH-D600!
Music Maniacシリーズの上から2番目ですね。
個人的には、生産完了した前のクラシックシリーズのD5000は好みの音で、ウッドベースなんかの鳴りがすごい好きだったんですけども。低音の暖かさが。
今回のMusicManiacシリーズは、全体的にすこーしドンシャリめになったかなぁと感じました。
前のD5000なんかはとにかく音場が広くて、クラシック鳴らしたり、もしくはモニター的な用途としては最高クラスのパフォーマンスをしてくれたと思います。
今回のシリーズに関しては、音自体はやはり低音は暖かめでDENONらしさを残しつつも、どちらかといえばVo音域は近めで、ポップスとか、ロックとかを「楽しく聴く」というところに焦点を当てているのかなーとか。
ハウジングの形からしても、D5000程には音場が広いという感じはしないですね。
ケーブルもiPhone用があったり、インピーダンスの低さからも、ポータブル用途も想定してるし。

今一番聴いてて楽しいのは、ピアノジャズです。
それもトリオの、アップテンポなやつ。
ドラムとベースの躍動感はきっちり描き分けながら、ピアノは近めでダイナミック、上のシンバルもチャキっと鳴らす!
いいですねぇ~楽しいです!
まだまだ鳴らしはじめなので、これから更に音が馴染んでいくと思うと、いやーおらわくわくしてきたぞー!

デノンのCDPにアンプに、D600でジャズ。個人的にはもう贅沢すぎますね。たのし。


そういえばSpeeeeed!!のマブくんが、ミニ‐ミニのラインケーブルをつくってくれました!
c0ab30d3.jpeg
たのしいポタアン生活!(やべぇ肝心のケーブルがうまく写ってねぇ・・・)
あ、ポタアンも、これ一応自作でございますよ。作った記事載せようと思って載せてないウェー・・・。

個人的にはもう一台、今度は改造含め作ってみたいとか考えてまして。次の時はぜひ材料集めからうpしていきたいと思います( ー`дー´)

拍手

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら