忍者ブログ

アニメとかオーディオとかゲームとか声優とか、なんでもござれの雑記ブログ。
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

11.22.12:21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/22/12:21

07.11.01:23

【店頭試聴】Pioneerヘッドホン新製品SE-MJ751、SE-MJ721を聴いてきた

すみませんまだ購入に踏み切ってませんw

とりあえず店頭試聴してきましたPionnerの新機種2種。

上位モデルは例のジョグダイアルによる低音調整が出来るという新技術。
さて、個人的にはパイオニアのヘッドホンの音は好きなのですが、評価はいかに。


7月某日、某量販店で試聴。
ソースは自分のCOWONJ3、アンプなどはなし。
まず上位モデル、SE-MJ751の方から。ケーブルは片出し。
イヤーパッドの構造はHDJ500なんかと同じような感じ。パッドは厚めで小さめ、つけると密着感は高い。側圧も強めだけど、HDJ500ほどではない。重さもまぁまずまず。

パイオニアは基本がドンシャリ傾向にあるので、とりあえずエレクトロとかハウスをながしてみる。
・・・・・あれぇ?なんだこの音、低音どこいった?っと思ったら例のジョグダイアルが0になってたらしい!
そりゃ低音なくなるはずだわー・・・しかし0にすると本当にスカスカに聴こえますね。音が遠くなっちゃうしシャリシャリ感だけが残る。
ということで聴きながら徐々にあげてみることに。左のハウジング部の丸いところが大きいダイアルなので、わざわざ外さなくても感覚的に操作できる点は良し。
真ん中から少し上あたり、少し低音を強調させるくらいになると、中高音も厚みが出てきていつものパイオニアサウンド!という印象でいいかなと感じるものの、ソレ以上に上げていくと低音だけがずんずんと出てきて(まぁ本来それが目的なんだろうけど)なぜか音楽全体に謎の分離感が出てくる。これは多分低音だけ調整出来る別ユニットで鳴らしているせいなのかなー。

普段から音場の狭めな環境で聴いてるせいなのか、私にはちょっと悪い意味での違和感。定位がずれている感じ。
あとは高音を潰してしまっている感が否めないかなぁという印象。ハウスの女性ボーカルモノとかを鳴らしてしまうとどうしても気になってしまう。その割には、やっぱりシンバル系は元気なんだけど・・・。
ジョグダイアルの使い方と慣れ次第といったところか・・・。

いわゆる現代の音楽、ポップスとかを聴くにはいいでしょうね。基本の音質は下位の721と一緒です。
低音の調整に興味がないならば、間違いなく下位モデルでいいでしょう。721のほうがトータルのバランスは取れている印象ですね。
あとはケーブルが着脱、交換可能なので、これはもしかしたらケーブル次第ではもっといい音になるのではという可能性は感じられます。カスタムが好きな人はお試しあれ。

まぁでもジョグダイアルによって調節出来る分、色んな人の好みに対応出来ると思えば、これはこれで成功する商品なのかも?


さて、では下位モデル、SE-MJ721の方も少し。
これは正直に色とデザインのラインナップがいいなと感じました。
というのは、パイオニアから出ているこれの1つ前のヘッドバンドタイプのヘッドホンで、バンドが太め、ゴツめのデザインのものにSE-MJ551シリーズがあるのですが、これのデザインは個人的にちょっとどうなの?と思うものだったので・・・。
あれは、ハデすぎて女性の方は付けられないし、明らかに服装を選ぶデザインですよね・・・色のラインナップもそうでしたが・・・(汗
今回のシンプルなデザインに、白、赤、黒、そしてブラウンというカラーラインナップはかなりイイ線いってると思います。
さて、音質の方はというと・・・・・うーん?MJ551とそんなに変わらない・・・?といった印象・・・。
ただ、MJ551とはイヤパッドなどの印象が違うので、こちらのほうが少し奥行きがある気がする。
低音は結構出ていて、かつ目立ちすぎないタイトさを持っています。
あぁーどちらかというと、別ブランドのSTEEZから出たSE-D10Mに音は近いかなぁ(個人的には低音量はD10M>MJ551だったので)

上位のMJ751と比べるならば、基本的には一緒でしょうね。正直どちらが欲しいかと言われると、721でいいかなと思ってしまいます。全体バランスが良いのはこっちですね・・・。あとこちらはケーブルは片出しですが着脱できません。

その他の点ですが、今回の2機種は折りたたみが出来ないので、ポータブルは少しむずかしいのかなと。
あとは正直、素材はこのテカテカプラスチックではなくて、マットめなものにしたほうがよかったんじゃなかなー・・・と。
実物を見てみると、写真よりもちょっとちゃっちい感じがしました。。。
ただ、MJシリーズの中では耐久性、音、デザイン共に一番トータルで良いと感じています。


実は最近はめっきり10000円以下モデルは買っても使わなくなってしまいそうであまり購買意欲がなかったりします。
ただ個人的にはパイオニアのヘッドホンの音って好きなので、もし気が向いたら721のブラウンなんかは買ってしまいそうです・・・w

拍手

PR

無題

A Search engine optimisation material producing companies supplier that are unable to give their word for authenticity shouldn't be contracted. Webmaster guidelines boost website rank and seek activity. That means the listings which rank the finest are also going so that you be the ones knowning that generate the most targeted traffic.

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら